ホーム
◆グリストラップ管理の問題点◆

 排水に混ざる油脂分がグリストラップ内で固定化し、時期が経つにつれ不衛生になり、悪臭の発生また、雑菌・害虫が発生しやすくなります。それを防止するために定期的な清掃を行う必要があります。この管理を怠るとグリストラップの機能が低下し、油脂が流失し、油脂分が排水管内 で固形化、配管詰りを起こし、グリストラップに繋がる側溝にオーバーフローを起こさせ厨房全体に広がる恐れがあります。毎日清掃しなければならない場所ではありますが、なかなか徹底されていないのが現状です

 

◆グリストラップ維持管理◆

バスケット清掃は毎日

浮上油脂(グリス、油脂スカム)清掃は週1回

沈殿物(汚泥)清掃は最低月1回

 

新着情報